スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【櫻井よしこ講演会】活動報告(事務局)

おはようございます。

 11月6日の講演会があと2カ月を切りました。が、チケットがまだ完売には至っておりません…orz

そこで、私ジンギスカンとスープカレーの二人で昨日は札幌市内の神社を周って講演会のチラシを置かせて

もらいました。ほとんど皆さん快く引き受けて頂いて、日本人の温かさを身をもって実感しました。

普段は我々は仕事で法人営業をしておりますので、断られるのも邪険に扱われるのも結構慣れております。

なので、チラシの件も同じような反応が待っていると思っておりましたが、全然違いましたwww

ちなみに昨日、チラシを引き受けて頂いたのは

彌彦神社

札幌護國神社

北海道遺族会館

三吉神社

札幌諏訪神社

(以上周った順)

ご協力して頂いております皆様本当にありがとうございます!

他にも周ったところがありますが、今回は置かせてはもらえませんでした…orz

でも、お話は聞いて頂けたので、お時間頂きありがとうございました!

また時間を作って日本の為に動こうと思います。



<関連ワード>
櫻井よしこ

櫻井よしこ講演会

日本の心をつたえる会

日心会

真正保守
スポンサーサイト

続き(まもさん)

前回の続きです。
結論を言えば、現在の価値観で過去を評価してはいけないということを書かせてもらいました。
これはなにも理論の問題ではありません。
その時代時代で人間を突き動かす動機は何だと思いますか。

私はそれは「情」だと思います。
昔の日本人はよく泣いたそうです。
悲しくて泣いたんじゃありません。
内からにじみ出る感動で泣いたんです。
激情と言ってもいいかもしれません。

幕末の志士は、日本の行く末に対して激論を交わし、日本のために自分の命の捨て場所を
涙を流しながら語り合ったといいます。
このあたりは司馬遼太郎の小説によく出てくるところです。
ここには当時の「私」よりも「公」を優先させるべきという確固とした教育の力を感じます。

当時の教育と言えば、読み書きそろばんです。
読みと言えばひたすら四書五経の素読です。
で、その当時でさえ日本人の知的レベルは世界の最先端を行っていたというのが現実です。
逆にいえば現代でも教育は「読み書きそろばん」を単純に現代に置き換えたもので十分なのではないかとも思います。

話がとりとめなくなりましたが、(どうも私はそういう傾向があります)
歴史は教科書に書いてあることだけではなく、その時代時代に人間が泣いたり笑ったり
悲しんだり喜んだり、そういう一人ひとりの人間の総体としてあるんだということを気付く必要があると思うわけです。

であるならば、日心会の運動とは、すぐれて過去の(大東亜戦争以前の)日本人の心を現代に復権させるかにかかっているのではないかと思うわけですね。
運動論とはそのための方法論でもあるわけです。
その根本を忘れてしまったら、不毛の対立や、悪無限的な左翼特有の論争のための論争の陥穿に入り込む危険性が常にあるわけです。

人間何が大事と言って、単なる道徳論ではなくて、自分というものを社会性というフィルターをとおして見ることができるかどうか、
これができたら人間「ただものではない」という評価を天から受けるわけです。

よろしくお願いいたします。(byまもさん)

北海道支部のサイト起ち上げました。
日心会北海道支部の支部長を仰せつかっている不肖まもさんです。
よろしくお願いいたします。

さしあたって起ち上げた動機は本年11月6日櫻井よしこ氏講演会にぜひ来ていただきたく周知をかねさせていただきました。
皆さんきてくださいね。(サプライズあり)

さて我々の運動目標ですが、それは端的に我々の会の名前に現わされている言葉そのものです。
以上
ではあまりに不親切ですので少々私なりの解釈を披歴させていただきます。
この命題は歴史を抜きにして語れません。
歴史と言うのは縦軸ですよね。
横軸は今生きているこの世界です。
ただ、縦軸(歴史)なしに今のこの世界もあり得ないわけです。
ポッと今この世界があらわれたわけではないことは子供でもわかります。

我々の父母の父母の父母の・・・・・・
がいたおかげで歴史の横軸としての今我々が存在しているわけです。
であるならば今私達がおまんまを食べて、恋愛して、子を為して、極端にいえば呼吸をしていること自体綿々と連なるご先祖様のおかげです。
ちなみに「おかげさま」は「お陰様」と書きますよね。
普段我々は歴史の縦軸を意識することはありません。
ご先祖様のおかげで今自分の生があるということもよっぽどの卓越した宗教者でない限り意識することはありません。
逆にいえば常にそれを意識することができる人間は人生の達人です。

ですからお陰というのは生の隠れた部分、人がよって立つ陰の部分という意味だと思うんですね。
話がそれてしまいましたが、日本の心は、突き詰めて言うならば、ここをいかに意識できるか、そしてそれをいかに歴史の横軸において体現できるかにかかっていると思うわけです。

A級戦犯だとか、侵略だとか、日本は悪い国であったとか、すべて歴史の縦軸を横軸で評価するという根本的な誤謬を犯しているわけです。
例えば、仇討は現在の価値観からいえば犯罪です。
でもその時代の価値観から言えば「あっぱれ」です。
現在の価値観で歴史を断罪することがいかに犯罪的なことであるか、ひいては現在の自分自身を否定することにつながるということをどれだけわかって言っているのでしょうか。

結局、団塊の世代の「自己否定」というのはそのあたりからきているわけなんですね。

自分は肯定すべきです。
だいたい自分を否定したら、この世に居場所がなくなってしまいます。
世の中はうまくできたもので、プラスの発想はプラスの結果を生み、逆もまたしかりなんですね。

日本の心は、そういう歴史の縦軸、自分がよって立つところ、誰のおかげで今の自分があるのか、そしてそういう発想をいかに社会的あらしめるか、そこに日本の心を伝える原点があると思うわけです。



                                            次回投稿に続く

櫻井よしこ氏のプロフィール(事務局)

平成22年11月6日の講演会で講演をして下さる、櫻井よしこ氏のプロフィールです。


※wikipediaの情報です。誤記等ございましたらご連絡下さい。

氏  名 櫻井よしこ(本名 櫻井良子)
生年月日 1945年10月26日生(64歳)

同氏は日本のジャーナリストで、国家基本問題研究所理事を務めています。
日本における保守を代表する論客のひとりであり、
テレビ報道番組のニュースキャスターを長らく務めていたとこでも知られています。

<生い立ち>
ベトナム・ハノイの野戦病院で日本人の両親の間に生まれた。日本に帰国後は大分県中津市に住み、中学生の時新潟県長岡市に転居した。長岡市立東中学校を経て新潟県立長岡高等学校卒業後、慶應義塾大学文学部に進学するが中退してハワイに渡り、奨学金とアルバイトで学費と生活費を稼ぎながら、ハワイ大学マノア校歴史学部卒業。

<ジャーナリスト>
英字新聞『クリスチャン・サイエンス・モニター』東京支局などを経て、1980年(昭和55年)5月より日本テレビ『NNNきょうの出来事』のメインキャスターとなった。以来、同番組で1996年(平成8年)3月までの16年間に渡ってアンカーパーソンを担当した。女性ニュースキャスターの草分けである。

1995年(平成7年)に薬害エイズ事件を論じた『エイズ犯罪 血友病患者の悲劇』で第26回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。なお、薬害エイズ事件で櫻井から厳しく追及された安部英は無罪判決を受け、櫻井は名誉毀損で訴えられた(後述)。

2007年(平成19年)4月から2008年(平成20年)6月まで放送された、フジテレビ・関西テレビ系報道番組『新報道プレミアA』のレギュラーコメンテーターを担当した。同年12月に設立された国家基本問題研究所の初代理事長に就任。



<関連ワード>
櫻井よしこ
櫻井よしこ講演会
ねずきちのひとりごと
日心会
真正保守

櫻井よしこ氏講演会のお知らせ(事務局)

来る平成22年11月6日、北海道で櫻井よしこ氏の講演会を日心会の主催で開催します。

詳細は以下の通りです。



日本よ勁(つよ)き国となれ! in 北の大地北海道!

<講演>

櫻井よしこ(財団法人国家基本問題研究所代表理事)



行徳哲男(日本BE研究所代表)



<日時>

平成22年11月6日(土)

15:00開演(14:00開場) 終了予定時間18:00



<会場>

ホテル ポールスター札幌 2F ポールスターホール

〒060-0004

札幌市中央区北4条西6丁目

TEL 011-241-9111 FAX 011-241-2500

http://www.polestar-sapporo.com/

●札幌駅南口より徒歩5分 ●地下鉄大通より徒歩10分

※ホテルには駐車場がありますが、スペースに限りがありますので、

満車の場合はご了承ください。なお、お車を運転される方の飲酒は固くお断りします。

※未就学児童は入場不可



<チケット>

全席自由 4,000円



札幌市内プレイガイド(3ヶ所)にて販売しております。

●4丁目プラザ店(南1条西4丁目)

●大丸藤井セントラル店(南1条西3丁目)

●道新店(大通西3丁目道新ビル1F)




講演会のテレビCMや情報は日心会北海道支部のサイトから確認できます。
http://nissinkai-hokkaido.jimdo.com/






櫻井よしこ
日心会
櫻井よしこ講演会
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。